So-net無料ブログ作成

行苦性(3) [仏道]

結縛(けつばく) 南伝 相応部経部12-53 [阿含経典一巻 P190 増谷文雄著 筑摩書房]
「比丘たちよ、繋縛(けばく)するものを、じっと味わいながら観ていると、その人には愛着の念がいやましてくる。その愛によって取がある、取によって有がある、有によって生がある。生によって老死・愁・悲・苦・憂・悩が生ずる。かくのごときが、このすべての苦の集積の生ずる所以である。」
 燈火があって、油をそそぐ
-----
愛別離苦:仏道での「愛」は、「愛着」です。
 愛別離苦とは、執着する対象(物質だけではない)とは離れ離れになる(消え去る)ことになる。執着しても「己」のものにすることはできずに必ず消え去る。一時的な慰みとして存在するにすぎない。結局は消え去るので「苦」である。「渇愛」の大きさに比例して「苦」となる。
 我々の最も溺愛している「肉体」も「死」によって儚く別れを告げることになります。我々が大切にしている「観念」や「記憶」も、自ら作ったものです。
 「あるがまま」の世界であるのに「我がまま」の世界の中に「妄想」を作り出してしまいます。

 我々の「思考」を写真に撮ったらどうでしょうか、瞬間の景色を写真に撮れば一瞬を印画紙に再現できます。たとえば、川の流れを30秒ほど露出させて撮ってみると「霧」のようになっているのを見たことがあると思います。「思考」も30秒ほど経てば「霧」と同じです。「思考」は実体のない「霧」であり消え去るだけです。「記憶」も「実体」はなく、ただの「空」でありいつかは消え去ります。

 なぜ、これほど「知識」「概念」「記憶」「思考」に囚われているのでしょうか。「いのち」を守るために構築され、「己」コツコツと必死に作ってきました。せっかく「己」と一体となって生活を共にしてきたものであり、自分を消すのに抵抗があるように消せないのです。

 図書館の蔵書や雑誌の数を見てください、日々記憶に値しない情報が増え続けています。いったい何を知りたいのでしょう、書き手の方も何を伝えようとしているのでしょうか?
 どれほど長くどれほど深く探究しても答えが見つからないのです。明確な答えがないので作り続けざるを得ないのです。情報が増えれば増えるほど混沌としていくだけです。

 「情報」は増え続けるので「知識」で何かを得て達成することはありません。だれもが同じ「知識」を得て達成するのであれば、専門の大学で単位を取ればそれで「達成」です。

 情報を得ることで達成するのではありません。余計なものを「消し去って」根源にたどり着くのではないでしょうか。どんな大河であろうが「源流」があるはずです、「源流」を探し出すためには「遡る」ことです。遡るスタート地点を間違ったら「源流」へ遡ることはできません。
 「己」の中の「源泉」を見つけだすには、いらぬ「知識」「概念」「記憶」「思考」などの「こだわり」を捨て去ってはどうでしょうか。


<注:勝手な個人的な見解の部分がありますので、鵜呑みにせずに仏道の修行による智慧によって確証することをお願いいたします。
引用もしくは酷似表現の場合は、タイトル及びアドレスの明記をお願いいたします。

nice!(0) 

nice! 0